2010年10月19日

永住権を求めて



明治時代にアメリカに渡った野口英世は、15年間日本に帰らなかったという。その15年目に帰って母親と水入らずの日々を過ごし、アメリカに戻る。それから、50歳にしてアフリカに渡りそこで客死。最後に日本で正月を過ごしたのは10年前、とかいって同情を誘っているようなタコ社長とは覚悟の格が違う。「永住」という重みがちっともわかっていない私だ。そんな私だが、「なにがなんでも永住権」と言って33歳でオーストラリア入りした。梅毒の研究はしなかったが、梅毒の心配はした。そこだけが野口とのわずかな接点。

「永住したいんです」。短期ビザで滞在していたある日、こちらの大学で日本語を教えているSさんを紹介され、彼の大学を訪問したことがあった。「永住ね。一番手っ取り早いのは日本食レストランのシェフになることかな」。当時私は、「真面目です」を額縁に入れて歩いて、三遍まわってワンと言っているような人間だった。そんな真剣な私の問いに、Sさんは肩透しを食らわせた。「なんだこの人は、くだらん人だ」と思ってしまった。日本のサラリーマンを辞めてそんなに日も経っていない私は、変なプライドをぶら下げていたのだろうか。今思うと私の方がずっとくだらない人間だったような気がする。

「日本語を教えることは、本当に日豪関係に役立っていますね」。日本語教師を目指していた私は、絵に描いたような質問をした。「私は、そんなつもりでは全然やってないんです。日豪間の架け橋になろうなんて気持ちはさらさらありません。ただ好きだからやっているんです」。この人、言うことがいちいち腹立たしい。タコ社長、物事を真直ぐにしか見られない不器用者。しかし、反発しながらもこのSさんの言葉が、そのあと何度となく蘇ってきて今に至っている。

Sさんのアドバイス通り、こちらの日本食レストランで働くことになった。来る日も来る日も皿を洗っていた手の皮がべロッと剥けた。くだらんプライドなど、両親の顔が浮かんで目が滲むこともあった。手紙を書くと早速、日本の母がニベヤのクリームを山ほど送ってよこした。永住権は絶対に取れる、と裏打ちもなく唯阿呆のように自分に唱えながら毎日皿を洗い続けていた。でも、不思議と明るくやっていた。明日のリスクが見えない性格は、いいこともある。そして、すったもんだのあげくやっと永住権が取得できた。

という訳で、今でも皿洗いに関しては誰にも負けない自信がある。





Posted by タコ社長 at 21:43│Comments(2)
この記事へのコメント
野口さんとの接点のくだりで声を出して笑ってしまい、バッパーの同じ部屋のこに怪訝な顔で見られてしまいましたwww

母の愛と、たくさんのお皿。
忘れられない思い出ですね。
お皿洗いが早いのも特技に入れられますよ♪
Posted by 小梅koume小梅koume at 2010年10月21日 06:59
はい、いろいろ探すと特技があるかもしれません。余生はそんな毎日が過ごせたら最高です、

でも、野口さんの頃は大変な海外脱出でしたね、今も大変なことはありますが、
Posted by タコ社長 at 2010年12月16日 14:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
永住権を求めて
    コメント(2)